ページの本文へ

アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書がインストールされていない場合に表示されるセキュリティ警告について

コード署名証明書の更新に伴い、e-Gov電子申請システムのご利用にあたっては、ご利用のブラウザに政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書が組み込まれていることが必要となります。
アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書がインストールされていないブラウザで電子申請を行うと、操作途中で、以下のセキュリティ警告が表示される場合があります。
この警告はアプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書をご利用のブラウザにインストールすることで表示されなくなりますので、お手数ですが、以下のサイトをご参照のうえインストール頂くようお願いします。

アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書がインストールされていない場合に表示されるセキュリティ警告

このページに関するご意見をお聞かせください

この情報は役に立ちましたか?
お探しの情報はすぐに見つかりましたか?
  • こちらでお送りいただいたご意見は、今後のサイト運用の参考にさせていただきます。
  • 個人情報保護のため、この欄には個人情報の記入はご遠慮ください。

現在0文字

e-Gov電子申請システム