ページの本文へ

スペース

・適切な行間、段落間を設け、文字の読みやすさを確保する

・余白を活かし、コンテンツにユーザーの視線を集める

行間

文字の読みやすさは、文字サイズや書体だけでなく、行間や段落間によっても左右されます。
行間とは1行で収まらないテキストが折り返したときの行と行との間隔をいいます。
行間は読みやすさに影響を与え、広過ぎても狭過ぎても読みにくくなります。
最適な行間は、1行の文字数によっても変わりますが、一般的には文字サイズの0.6~0.8倍程度と言われています。

本サイトでは、行間を文字サイズの0.7倍に設定しています。

行間

文書構造に応じた空間設計

文書構造とは情報の構成要素を親子関係でまとめた理論的な構造を表すもので、章、節、見出し、本文、注釈など、各要素は文書構造に従って書かれています。
この構造を読み手が直感的に理解するには、序列や親子関係など周囲との関係性を正しく認識してもらう必要があります。

要素と要素の空間はそのための手助けとなるもので、本サイトでは文書構造に応じた最適な空間設計を行うことで、コンテンツの読みやすさに配慮しています。

文書構造に応じた空間設計

※上記のピクセル数は見た目のサイズを表すもので、html/cssで設定された数値ではありません

このページの先頭へ