ページの本文へ

Windows7、8.1、10について

1.プログラムの続行許可について

Windows7、8.1、10ではセキュリティ機能が強化され、e-Gov電子申請システムのアプリケーションが動作するにあたり、Windows7、8.1、10によるアクセス認証が求められるようになりました。そこで、e-Gov電子申請システムにおいても必要に応じてアプリケーションの権限を昇格させるための認証を受ける対応を行っております。
権限の昇格を必要とする場合には、以下のダイアログが表示されます。ダイアログ上に総務省のプログラムであることを示す「Ministry of Internal Affairs Communications」と表示される事を確認して、続行ボタンをクリックしてください。

なお、Windows7、8.1、10ご利用の際に、ユーザーアカウント制御機能をOFFにしている場合は、以下のダイアログが表示されません。この場合、e-Gov電子申請用プログラムのダウンロードができません。e-Gov電子申請用プログラムをダウンロードする際には、ユーザーアカウント制御機能をONにした上で、ご利用ください。

Windows 10の場合

ユーザーアカウント制御 Windows 10の場合

Windows 8.1の場合

ユーザーアカウント制御 Windows 8.1の場合

Windows 7の場合

ユーザーアカウント制御 Windows 7の場合

一般ユーザでご利用の場合、管理者ユーザのID、パスワードの入力が必要になります。

2.表示字形について

Windows 7、8.1、10では、一部の文字において、表示される字形がWindows XP等の場合と異なることがあります。
表示が異なる文字については、「JIS漢字コード表の変更について、-168字の例示字形を変更-」PDFにおいて確認することができます。