ページの本文へ

電子署名用証明書の一般的なインポート方法

認証局からICカード以外の媒体(フロッピーディスク等)で電子署名用電子証明書の交付を受けた場合、あらかじめ使用するブラウザにインポートする必要があります。

ご利用の認証局からPKCS #12形式で電子証明書が交付される場合を例として、一般的なインポート方法をご案内します。

電子証明書のインポート手順

1. 拡張子p12の電子署名用電子証明書ファイルをダブルクリックします。

拡張子p12のファイルを表示した画面
⇒ 「証明書のインポートウィザード」画面が表示されます。

2. [次へ]ボタンをクリックします。

証明書のインポート ウィザードの開始の画面
 

3. インポートする証明書ファイルを指定します。

電子署名証明書ファイルを指定した画面
[参照]ボタンをクリックして、先ほど保存した「電子署名用証明書」ファイルを指定し、[次へ]ボタンをクリックします。

4. パスワードを入力します。

パスワードを入力している画面
パスワード欄に所定のパスワードを入力してください。

5. 「証明書ストア」を指定します。

「証明書をすべて次のストアに配置する」にチェックをした画面
「証明書をすべて次のストアに配置する」にチェックして、[参照]ボタンをクリックします。

⇒ 「証明書ストアの選択」サブ画面が表示されます。

6. 「個人」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

「個人」を選択した画面
⇒「証明書のインポートウィザード」画面に戻ります。

7. 「証明書ストア」欄に「個人」と設定されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

証明書ストア欄に「個人」と設定された画面
 

8. 「ユーザが選択した証明書ストア」が「個人」になっているか確認し、[完了]ボタンをクリックします。

「ユーザが選択した証明書ストア」が「個人」になっている画面
⇒ 正しくインポートされたことが通知されます。

9. 正しくインポートされたことが通知されるので、[OK]ボタンをクリックして作業完了となります。

正しくインポートされました。と表示された画面