ページの本文へ

基本情報を補正

ステップ6.「基本情報入力」画面で申請・届出を行った手続の基本情報を補正

基本情報の入力方法など、詳細については「基本情報の入力」メニューから確認してください。

申請時に使用するアプレット(インターネットを通して自動でダウンロードされ、実行されるプログラム)にデジタル署名が付与されているため、確認のためのセキュリティ警告が表示されます。
「セキュリティ警告」ダイアログにて、以下を確認してください。
・“詳細情報”リンクをクリックして、証明書の発行者が「OU=GPKI」であること。

提出意思確認

セキュリティの警告画面の詳細については、「アプレット証明書について」のページをご確認ください。
内容を確認して、[実行]ボタンをクリックします。

“上記の発行者と場所からのアプリケーションについては、次回から表示しない”にはチェックを入れないでください。

e-Gov電子申請システムにより電子申請を行う際に使用するワークフォルダを指定します。
ワークフォルダについては、「ワークフォルダについて」のページでご確認ください。

[了解]ボタンをクリックし、申請作業を行うワークフォルダを選択します。

ワークフォルダ選択

過去にワークフォルダを選択したことがある(e-Gov電子申請システムをご利用いただいたことがある)場合

過去にワークフォルダを選択したことがある場合は、確認ダイアログは表示されず、自動的に前回のフォルダが使用されます。

過去にワークフォルダを選択したことがある(e-Gov電子申請システムをご利用いただいたことがある)場合

基本情報の入力

基本情報の入力方法など、詳細については「基本情報の入力」メニューから確認してください。

補正を行う場合、申請者に関する情報(氏名、住所など)と連絡先に関する情報(氏名、住所など)のうち、補正通知において記入誤り等を指摘された項目の入力内容について、訂正入力を行います。

申請一覧には補正を行う手続が「手続名/電子申請を行う手続の名称」の形式で表示されます。

入力が完了したら、画面最下部の[進む]ボタンをクリックします。

補正対象選択で基本情報・申請書を選択しなかった場合や、基本情報が補正対象でない場合は、この画面は表示されません。

基本情報の入力

入力内容の保存・読込

[ファイルに保存]ボタンをクリックすると、この画面で入力した内容をご利用のパソコンにファイルとして保存することができます。
また、[ファイルから読込]ボタンをクリックすると、以前に保存したファイルを利用することができます。

入力内容のチェック

必須入力項目であるにもかかわらず入力されていなかった項目がある場合や、全角文字で入力しなければならないところ半角文字が混在していた様な場合には、エラー画面が表示されます。
エラー画面が表示された場合には、画面の表示内容にしたがって入力内容を訂正します。