ページの本文へ

公文書署名検証

公文書署名検証では、e-Gov電子申請システムより取得した電子公文書が、改ざんされていないか、また、付与されている電子証明書が有効か検証します。

公文書の署名検証は、以下の手順に沿って行います。


ステップ1. 電子申請メニューの[公文書署名検証]タブより“公文書署名検証”をクリック

e-Gov電子申請システムトップページ、電子申請メニュー欄の[公文書署名検証]タブをクリックし、「署名検証」画面を表示します。

「署名検証」画面は新規画面として表示されます。

e-Gov電子申請システムトップページ

ステップ2.公文書を選択し署名を検証

「署名検証」画面の[署名検証開始]ボタンをクリックして検証を行うファイルを選択します。
[署名検証開始]ボタンをクリックすると、「XMLファイルを選択してください」ダイアログが表示されます。
表示されたダイアログで署名検証を行うファイルを選択します。
署名検証が開始され、検証結果は結果ダイアログ及び検証結果欄に表示されます。

署名検証画面

検証結果からは以下のことが確認できます。

署名検証結果

電子公文書が改竄されていないかを検証します。

正常時のメッセージ:署名検証結果は正常です。
エラー時のメッセージ:署名検証結果はエラーです。
検証結果がエラーとなった場合、検証結果欄にはどのチェックでエラーとなったかが表示されます。詳細なエラー内容につきましては検証結果欄をご確認下さい。

証明書検証結果

電子公文書に付与されている電子証明書の有効性を検証します。

  • 失効していないか
  • 有効期限が切れていないか
  • 政府認証基盤(GPKI)のブリッジ認証局(BCA)により相互認証された認証局から発行されているか

正常時のメッセージ:証明書検証結果は正常です。
エラー時のメッセージ:証明書検証結果はエラーです。
検証結果がエラーとなった場合、検証結果欄にはどのチェックでエラーとなったかが表示されます。詳細なエラー内容につきましては検証結果欄をご確認下さい。