ページの本文へ

大きいサイズのファイル(数十MB等)を送受信する場合について

大きいサイズのファイル(数十MB等)を送信、あるいはダウンロードしようとすると、Javaでメモリ不足のエラーが発生する場合があります。
この場合、JavaランタイムパラメータにJavaが使用するメモリの最大サイズを拡張する設定をしておくことでメモリ不足の発生を回避することができます。

各実行環境による設定方法は以下の通りです。
※以下の例では最大サイズとして512MBを設定していますが、指定可能な値の範囲や、最適なパフォーマンスを得られる値は、ご使用のパソコン環境により異なります。

Java SE8.0 Java Runtime Environmentの場合

コントロールパネルの「Java」より「Java コントロールパネル」を開きます。
[java]タグをクリックし、「Java Runtime Environment設定」の[表示]ボタンをクリックし、「Java Runtime Environment設定」画面を開きます。
「Java Runtime Environment設定」画面の「Javaランタイムパラメータ」に「-Xmx(size)m」を入力します。

J2SE 7.0 Java Runtime Environmentの場合