ページの本文へ

インターネットのセキュリティ設定について

インターネットのセキュリティゾーンの「レベルのカスタマイズ」から、「アプリケーションと安全でないファイルの起動」を「無効にする」設定を行った場合、信頼済みサイトに登録したサイトについてもWindowsセキュリティが動作し、電子申請用プログラムのインストールが正常に行えないことがあります。 e-Gov電子申請システムをご利用頂く端末については「インターネット」ゾーンのセキュリティ設定変更を行っていただきますようお願いいたします。
インターネットのセキュリティ設定は、以下の手順に従って行います。

インターネットのセキュリティ設定手順

1.「Javaコントロールパネル」を開きます。

「インターネットオプション」をクリックします。
Internet Explorerを立ち上げて、ブラウザ上部のメニュー内の「ツール」から「インターネットオプション」をクリックします。
⇒インターネットオプション画面が表示されます。

2.セキュリティタブをクリックします。

「セキュリティ」タブをクリックします。
[セキュリティ]タブをクリック後、[インターネット]をクリックします。
⇒セキュリティ設定についての画面が表示されます。

3.インターネットのゾーンの「セキュリティレベル」を開きます。

「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
[レベルのカスタマイズ(C)...]ボタンをクリックします。

4.インターネットのゾーンのセキュリティレベルを確認します。

「アプリケーションと安全でないファイルの起動」の設定を確認します。
インターネットのゾーンのセキュリティレベルを確認します。

インターネットのセキュリティ設定手順

「アプリケーションと安全でないファイルの起動」を無効にすると、以下の画面が表示され電子申請用プログラムのインストールに失敗する場合があるため、事前に「ダイアログを表示する(推奨)」もしくは「有効」を選択していただけますようお願いします。

Windows セキュリティのダイアログにて「ファイルを開くことができません」と表示された画面。