ページの本文へ

機能拡充

ご意見を踏まえこれまでに行った機能拡充

本システムの運用開始後、ご意見を参考に次のような検索機能の改善を行っております。

  • 新規法令の一覧表示(平成13年10月~)
    お知らせに、データ更新の都度、新規制定等新たに追加した法令の一覧を表示する機能を追加しました。

  • 略称法令名検索機能(平成14年4月~)
    既存の「法令名の用語検索」に加え、一般に使用されているカタカナ・英字等の法令名の略称からも検索できる機能を追加しました。
    なお、略称法令名は、国会会議録、新聞報道、書籍等を参考に総務省行政管理局が整備しています。

  • 事項別分類検索機能(平成14年4月~)
    事項別分類を設定し、事項別を選択することにより該当する事項に分類された法令一覧から検索できる機能を追加しました。

  • 未施行法令内容表示機能(平成14年7月~)
    法令索引検索の結果画面(法令全文を表示する画面)で、未施行法令(公布されているが施行されていない法令)の改正内容を表示する機能を追加しました。

  • 廃止法令等の一覧表示(平成15年1月~)
    平成13年4月1日(法令データ提供システム運用開始)以降に廃止等で、本システムから削除した法令の一覧を表示し、廃止時の規定内容を表示する機能を追加しました。廃止法令等一覧

  • 法令圧縮データの提供(平成15年1月~)
    本システムで提供している法令データのうち、1MBを超えるものについて、圧縮形式(LHA・ZIP)でダウンロードできる機能を追加しました。(法令データ(圧縮版)のダウンロード

  • 目次の改善(平成15年3月~)
    本システムで提供している法令データのうち、目次のある法令について、目次から該当する項目(編、章、節、款、目)の先頭を表示する機能を追加しました。

  • 本則の表記方法の改善(平成15年3月~)
    本システムで提供している法令データが見づらいとのご意見を踏まえて、行間隔を広げるとともに、本則中の規定の書き出し位置等を改善しました。

  • 索引検索機能の改善(平成16年3月~)

    1. 「法令名の用語索引」検索結果一覧画面の改善
      • 指定用語と法令名が完全に一致する法令の表示
        指定した用語と法令名(又は略称法令名)が完全に一致する法令を、一覧画面の上部に「法令名完全一致」として表示するよう改善しました。
      • 検索結果一覧画面の表示順
        「○○法」等の法律名を指定した場合、以下の表示順となるよう改善しました。
        1. ○○法施行令
        2. ○○法施行規則
        3. 法令名の冒頭に指定した用語(「○○法」等)を含む法令(公布年の新しい順)
        4. 上記以外の法令(公布年の新しい順)

        (注)指定した用語が法律名(略称法律名)に完全に一致しないときは、3,4の順となります。

    2. 索引検索結果画面のブックマーク(又はお気に入り)対応

      索引検索結果画面で表示する個別法令データのURL(アドレス)を固定化することにより、索引検索結果画面のURLをそのままブックマーク(又はお気に入り)に登録できるように改善しました。

  • 失効法令と実効性喪失法令の区分(平成16年10月~)
    失効等法令を、失効法令と実効性喪失法令(法務省大臣官房司法法制部が行う法令の編さんにおいて、廃止等の手続はとられていないが、ⅰ)日時の経過、ⅱ)関係事務の終了、ⅲ)規律対象の消滅等により、適用される余地がなくなったか、又は合理的に判断して適用されることがほとんどないと認められるに至った法令)に区分して掲載するよう改善しました。

  • 制定文に設定された他法条への参照リンクの削除(平成24年6月~)
    法令データ提供システムでは、条文中に他法条への参照がある場合、当該条文から参照先となる法条へのリンク(以下、「他法条参照リンク」という。)を設定していますが、制定文については、参照先の条文に条ずれ等を含む改正があった場合でも、制定文自体の改正がなされないため、制定文に設定されている他法条参照リンクに誤りが生じる場合があることから、制定文に設定されている他法条参照リンクを一律で削除しました。

  • 日本法令索引(国立国会図書館)への参照リンクの追加(平成26年10月~)
    法令索引検索の結果画面(法令全文を表示する画面)の右上に、当該法令の日本法令索引(国立国会図書館)「法令沿革一覧」画面へのリンク(テキスト及びバナー)を追加しました。
    これにより、日本法令索引(国立国会図書館)で提供されている各法令の制定・改正経緯等の沿革を参照することができます。