ページの本文へ

11月21日以降の画面からの電子申請利用に際して必要となる準備のご案内

2018年11月21日

電子申請を行う際にご利用いただいているアプリケーションについて、Javaに依存しない方式へ変更いたしました。以下の準備が必須となりますので、作業を実施いただきますよう、お願いいたします。

1.e-Gov電子申請アプリケーションのインストール
事前に「e-Gov電子申請アプリケーションのインストールについて」をご参照のうえ、e-Gov電子申請アプリケーションのインストールを行っていただきますようお願いします。
※インストールにあたっては管理者権限が必要となります。

2.インストール結果の確認
インストール完了後、以下のリンクよりインストールが正常に行えていることを確認してください。
e-Gov電子申請アプリケーションのインストール確認

正常にインストールされている場合、以下の通りアプリケーションが表示されます。
インストール結果のキャプチャ

3.ブラウザソフトのキャッシュ(インターネット一時ファイル)のクリア
方式変更前のe-Gov電子申請システムを利用されていた方において、方式変更後のシステムを正常に利用できない場合がありますので、ブラウザのインターネット一時ファイル(キャッシュ)のクリアを実施いただきますようお願いします。
ブラウザのインターネット一時ファイル(キャッシュ)はどのようにすればクリアできますか


(留意事項)
新方式のe-Gov電子申請アプリケーションは、Microsoft .NET Frameworkを活用した方式となりますが、従来のJava方式と比較し、大きいサイズのファイルを扱う際の技術的な仕様に差異があり、大きいサイズのファイルの送信時にエラーが生じる可能性があります。
大きいサイズのファイル送信時にエラーが発生した場合は、お手数ではありますが添付ファイルの容量を縮小するか、複数回に分割して申請する等のご検討をお願いいたします。
ご利用者様のパソコン環境や通信環境にも依存しますが、ご参考として、以下のパソコン環境においてエラーが確認されなかった電子申請データ1件あたりの容量が30MB程度であることを確認しております。
 CPU:Intel Core i5-3340M 2.7GHz
 搭載メモリ:4GB~8GB程度

なお、一括申請対応ソフトウェアまたは外部連携API対応ソフトウェアを利用されている場合は影響ございません。

このページの先頭へ