ページの本文へ

電子署名用証明書の入手と設定(Internet Explorerをご使用の方)

電子署名用証明書は、従来の押印又は手書署名に代わる電子署名を付与するために使用するものです。電子署名用証明書を用いて電子署名を付与することにより、なりすましを防止し、申請者であるあなた自身を証明することができます。
こちらより、入手していただく電子署名用証明書は、検証環境テスト用であり、擬似的に発行したものです。このため、実際の申請にはご使用になれません。 実際に申請を行う際は、指定された認証局が発行した電子署名用証明書を入手する必要があります。
以下の手順どおりに、入手を行ってください。
※本証明書は2015年3月27日13時00分以降にご利用が可能です。

 

1. 電子署名用証明書を入手し、ご利用のPCに保存します。

・検証環境テスト用電子証明書(SHA-256版)

証明書を選択し、[保存]ボタンをクリックします。
保存する場所をデスクトップなどに選択し、[保存]ボタンをクリックします。
なお、こちらより、入手していただく電子署名用証明書は、検証環境テスト用であり、擬似的に発行したものです。
このため、実際の申請にはご使用になれません。
実際に申請を行う際は、指定された認証局が発行した電子署名用証明書を入手する必要があります。

2. 保存した「電子署名用証明書」ファイルをダブルクリックします。 ファイル名は「e-GovEE01_sha2.pfx」です。

保存した証明書ファイルを表示している画面
⇒ 「証明書のインポートウィザード」画面が表示されます。

3. [次へ]ボタンをクリックします。

証明書のインポートウィザード
 

4. インポートする証明書ファイルを指定します。

ファイルを指定した状態の画面
[参照]ボタンをクリックして、先ほど保存した「電子署名用証明書」ファイルを指定し、[次へ]ボタンをクリックします。

5. パスワードを入力します。

パスワードを入力している画面
「パスワード」欄に半角小文字で「gpkitest」と入力して、[次へ]ボタンをクリックします。チェックボックスはそのままの状態にしてください。

6. 「証明書ストア」を指定します。

チェックを付けた画面
「証明書をすべて次のストアに配置する」にチェックして、[参照]ボタンをクリックします
⇒ 「証明書ストアの選択」サブ画面が表示されます。

7. 「個人」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

証明書ストアの選択
⇒「証明書のインポートウィザード」画面に戻ります。

8. 「証明書ストア」欄に「個人」と設定されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

「個人」と表示されている画面
 

9. 「ユーザが選択した証明書ストア」が「個人」になっているか確認し、[完了]ボタンをクリックします。

指定した設定が表示された画面
⇒ 正しくインポートされたことが通知されます。

10. 正しくインポートされたことが通知されるので、[OK]ボタンをクリックして作業完了となります。

「正しくインポートされました。」が表示された画面