ページの本文へ

一括申請仕様公開(ソフトウェア開発事業者の方へ)

e-Gov電子申請システムは、利用者において特段のソフトウェアを必要とすることなく、ウェブブラウザを利用して各府省に対する電子申請・届出などの手続を一元的に行うことができる窓口サービスを提供しています。

平成20年2月からは、e-Govにおいて社会保険・労働保険関係手続の電子申請・届出などの受付を開始し、e-Govを活用した電子申請利用の拡大が重要課題となっています。

また、平成20年9月にIT戦略本部が決定した「オンライン利用拡大行動計画」に基づき、電子申請の利用拡大、使い勝手の向上などに積極的に取り組むものとされています。

このようなことから、総務省では、e-Gov電子申請システムの使い勝手を向上させるための取組の一環として、利用者の方のご意見・ご要望を踏まえ、以下のような考えに基づき、社会保険・労働保険関係手続の電子申請・届出などに係る電子申請システムの仕様を公開することとしました。

  • 社会保険労務士などの業務とe-Gov電子申請システムの間をつなぐソフトウェア製品などの開発・提供を促す。
  • 事業主、社会保険労務士などが、前述の通りソフトウエア製品などを利用して申請・届出データを一括して送信できるようになり、利用者側の電子申請・届出に係る作業負担の軽減を図る。
  • オンラインで手続を行う事業主、社会保険労務士などが増加し、オンライン利用率が拡大する。

e-Gov電子申請の一括申請仕様公開にあたっての留意事項をご案内します。

現在、公開している仕様書をダウンロードできます。

FAQ

e-Gov電子申請の仕様についてよくあるご質問をご覧いただけます。

一括申請仕様公開に関するお問合せ先をご案内します。