ページの本文へ

Java SE 7 Update 45 及び Update45 以前のバージョンのJavaをご利用の場合について

2013年10月18日

Java SE 7 Update 45 をインストールして電子申請を行うと、操作途中で、セキュリティ警告が表示される場合があります。
この場合、以下の対処を行うことで、電子申請をご利用いただくことができます。

Java SE 7 Update 45 利用時にセキュリティ警告が表示された場合の対処

現在、セキュリティ警告の表示を回避するための対応を行っておりますが、若干時間を要する見込みです。
対応完了次第、e-Gov上にてお知らせしますので、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、Update 45 以前のJava SE 7 をインストールされている場合、操作途中で、別のセキュリティ警告が表示される場合があります。

Update 45 以前のJava SE 7 利用時のセキュリティ警告の詳細

この警告が表示された場合、更新以外を選択すると、エラーとなる事象が報告されておりますので、電子申請をご利用の場合は、Javaのバージョンを最新のJava SE 7 Update 45 へ更新頂くようお願いいたします。