ページの本文へ

Java実行環境(Java9)について(予告)10/18追記

2017年10月18日

【1】10月18日現在、申請画面や状況照会を開いた際にJava Update(最新Javaへの更新)を求める画面が表示される場合があります。

java_message

既にJavaのバージョンがVersion 8 Update 151 の場合、「後で」を選択し、申請を進めていただきますようお願いします。

【2】Java実行環境について、現行のバージョン8に加え、新たにバージョン9(Java 9)
がリリースされています。

e-Govでの動作確認が完了するまでの間、バージョンアップ(インストール)をお控えいただきますようお願いします。
動作確認が終わりましたら、本欄においてお知らせします。
(バージョンアップについては、お知らせする方法により実施が必要となる可能性があります)

なお、現時点では、現行バージョン(Java SE 8 Update 151)についても引き続きご利用可能となる見込みです。

(9/20初回掲載、10/18最終更新)