ページの本文へ

【社会保険関係手続を電子申請されている皆様へ】旧仕様・様式の受付終了について[厚生労働省]

2016年12月16日

 「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届、船員保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」・「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」の電子申請手続につきましては、様式変更のため、平成28年10月1日から「新様式」と「旧様式」を並行し受付を実施していましたが、「旧様式」の利用状況を踏まえ、平成28年12月31日(土)をもちまして、「旧様式」の受付を終了させていただきます。※手続名は「新様式」・「旧様式」ともに同じです。

 「旧様式」の受付終了後につきましては、以下について、ご注意いただきますようお願いいたします。
・「旧様式」で作成・保存された「xmlファイル」を使用し、必要箇所を更新の上、新しい手続名でe-Govの「ファイル読込」機能を利用されようとした場合、「ファイル読込」時に「エラー」となりますので、最初から必要箇所をe-Gov画面に入力し、ご使用されているパソコンにデータ保存後、電子申請を行ってください。
・「パーソナライズ」に「旧様式」の手続名を登録されている場合、受付終了後はe-Govでの電子申請ができませんので、再度、新しい手続名で登録していただきますようお願いいたします。

 なお、「新様式」と「旧様式」の相違点は以下のとおりです。
 ○「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届、船員保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」
  「新様式」は㉑短時間労働者関連項目が新設されています。
  「新様式」は㉓添付書類欄から「年金手帳」、「被扶養者届」、「算定基礎明細書」に係る入力項目を削除しています。
 ○「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」
  「新様式」は⑭短時間労働者関連項目が新設されています。