ページの本文へ

(社会保険関係手続)検証環境と本番環境の申請書様式のバージョンの相違について【厚生労働省】

2018年4月10日

1.事象
 利用者の方が電子申請(API方式)を行ったところ、申請ができないことがソフトウェア開発事業者様からの照会により判明しました。
エラーメッセージについては、次のとおりです。  

【エラーメッセージ】

〔検証環境と本番環境の申請書様式のバージョンの相違〕
「構成管理情報に指定された申請書様式IDと申請書様式バージョン(0002)に一致する申請書様式は、本システムに登録されていません。様式IDまたは様式バージョンの指定に誤りがないか確認して下さい。」
 「構成管理情報に指定された申請書様式IDと申請書様式バージョン(0002)に一致する申請書様式は、本システムに登録されていないため、申請書構成チェックを行うことができませんでした。」

2.原因
  平成30年3月5日以降は、個人番号対応、様式変更等に伴い、電子申請についてはそれに対応した新たな様式での申請を行っていただいているところです。
その際、e-Gov上に構造定義書及び手続情報一覧を登録しましたが、登録した申請書様式バージョンが検証環境と本番環境で相違していたためです。

3.影響範囲
  検証環境へ登録したバージョンで申請をした場合はエラーとなります。
(対象手続きは別紙のとおりです。)

4.対応
  平成30年4月9日(月)中に検証環境と本番環境の申請書様式バージョンを同一にし、平成30年4月10日(火)より、正しいバージョンでの検証を可能とさせていただきました。
  
 ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。