ページの本文へ

安全な通信(TLS)について

電子政府の総合窓口(e-Gov)では、インターネットでの個人情報データの盗聴などを防ぐため、全ての通信内容を暗号化しています。

ご利用のOS/ブラウザがサポートする暗号化通信方式には、複数の種類が存在します。
広くサポートされている暗号化通信方式には、TLS1.0,TLS1.1,TLS1.2があります。
現在のe-GovのWebサイトは、これらの全ての利用を可能としていますが、これらのうち、TLS1.0,TLS1.1については、2020年上期中に主要ブラウザによるサポートが無効化される予定であることが公表されています。
これらの動きを踏まえ、e-GovのWebサイトでは、2020年1月(予定)をめどとして、e-Govの全てのサービスについて、TLS1.2を利用するよう設定変更する予定としています。
あらかじめ、ご留意ください。

このページの先頭へ