デザインガイドライン

e-Govでは、「デジタル・ガバメント実行計画」(2019年12月20日 改定(閣議決定))に基づき、国民・企業等の利用者の方に対して質の高い行政サービスを提供するため、サービスデザイン思考を導入し、利用者、ソフトウェアベンダー等との共創によって、e-Govの提供サービス及びデザインについて段階的な見直しに取り組んでいます。
この一貫として、今般、e-Govが提供する情報・サービスに関する見つけやすさの向上を目的として、一部コンテンツについて情報アーキテクチャ及びサイトデザインの見直しを行いました。このガイドラインは、その結果をサイトデザインにおけるベストプラクティスの一つとして、「情報設計」「UIデザイン」「UIデザインパターン」の観点から整理したものです。
今後、e-Govにおける継続的なサービス改善の実施と並行して、このガイドラインについても改訂を図っていくことを予定しております。

このガイドラインの位置づけ

留意事項

適用範囲について

e-Govにおけるこのガイドラインの適用範囲は以下のWebサイトとなります(2020年11月現在)。

(注意)e-Gov 電子申請の一部(様式部分)は、現時点では適用対象外

内容の変更について

このガイドラインの内容は、予告なく変更される場合があります。

免責事項について

総務省は、このガイドラインに含まれる情報の利用に伴って発生した不利益や問題について、 誰に対しても何ら責任を負うものではありません。

デザインコンセプト

e-Govにおけるデザインコンセプトにおいて、UXの方針、ビジュアル、ロゴ、情報設計についてご紹介します。

レイアウト

e-Govが採用しているレイアウトについてご紹介します。

インタラクション

e-Govにおけるインタラクションについてご紹介します。

スタイル

e-Govにおけるスタイルにおいて、タイポグラフィー、カラー、アイコンについてご紹介します。

UIデザインパターン

e-GovにおけるUIデザインパターンについてご紹介します。

ウェブアクセシビリティ

このWebサイトにおけるウェブアクセシビリティ方針をご紹介します。